野鳥写真家 松木鴻諮の飛翔を撮る Wild Bird Photography of Japan

日本の野生動物の写真家としても活動しています。

ダイサギ

ダイサギ
ミサゴでも撮ろうかと思ってブラインドの中で待っていたら、近くにやって来たダイサギです。
シャッター音に気付いたのか、飛ばれてしまいました。D810と600mmで。(^_^)
スポンサーサイト

  1. 2016/10/17(月) 06:06:25|
  2. 野鳥写真
  3. | コメント:2
<<ノスリ | ホーム | カワセミ>>

コメント

野性の美しさ

何時もご訪問有り難うございます。
野鳥は野生の美しさが目を見張りますね。
生きた野鳥を撮影する困難を思うと拝見出来て感謝です。研ぎ澄まされた感覚で、息を止めてシャッターを切る音が聞こえて来るようです。有難う!。
  1. 2016/10/17(月) 17:23:12 |
  2. URL |
  3. 走れ!でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集 ]

でんどう三輪車 様

こちらこそ、ありがとうございます。
お元気な方から刺激やエネルギーをいただいて、私も撮影に頑張る日々です。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。(^_^)
  1. 2016/10/18(火) 05:49:38 |
  2. URL |
  3. herasigi松木鴻諮 #aYDccP8M
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新コメント

プロフィール

Author:herasigi
1981年、鳥類や哺乳類など、野生動物の撮影を始める。
写真集『とりが鳥であったとき』(1995年・桂書房)、探鳥地ガイド『富山でバードウォッチング』(1997年・桂書房)、写真集『鳥たちの戦略』(2005年・桂書房)などで野鳥写真を発表する。
2007年、フォトエージェンシーと契約し、フリーランスのカメラマンとして活動を始める。図鑑・教科書・単行本・雑誌などで、野鳥など野生動物の写真を発表している。
2012年、探鳥地ガイド『富山の探鳥地』(桂書房)を発刊する。
2013年、写真集『飛翔』(青菁社)を発刊する。
2003年より、富山県鳥類生態研究会の代表を務める。
連絡先 herasigi3350@yahoo.co.jp

このサイトに掲載されている画像などの、無許可転載・転用を禁止します。すべての内容は日本の著作権法によって保護されています

アクセスカウンター

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR